ゆく車、くる車。 by Chusama (底なしカメラ沼)