近況報告

どうも、宇伊兄です。


忙しさも完全にピークを迎え、HPを完全ガン無視せざるを得ない時期になってしまったために最近更新できていなかったのですが、ここで一回更新して生存確認をしていただきたいと思います。(宇伊兄のツイッター見れば生きてることくらいは分かるとは思いますが…)


・カメラのレンズを壊しました。

いきなりすぎて何とも言えない雰囲気になってるかと思いますが、レンズを壊してしまいました。

修理に出したところ約3週間経ってやっと帰ってきたので、今日はそのレポ的なものを書いていきたいと思います。

【壊した経緯】

壊した理由は「落としたから」と非常に単純明快なのですが、これもちょっと不可解というか不本意なのです。というのも椅子の座面くらいの高さからちょっとコツンとぶつけたくらいの勢いで壊れてしまったのです。まあ、それくらいカメラのレンズっていうのは繊細なパーツなので、皆さんも扱いには気を付けましょう。

一番困ったことに壊したタイミングが前回参加した「COMIC1」の会場であったということなんですね。僕は一番の商売道具の大事なパーツを失ったことになったわけですから。


レンズを落としたことによってどうなってしまったのかと申しますと、簡単に言えばピントが合わなくなってしまいました。たぶん中のレンズがずれたか割れたかしたのでしょう。ずれたならともかく割れたとしたならば修理費が高くついてしまうなぁなどと考えていました。

↑壊れたことを確信づけた1枚。味があるとかないとかいう問題ではない。


まあ、壊した日が何もない日であればこんなに日数を食うことはなかったでしょう。しかしながらCOMIC1は4月30日開催…。


ゴールデンウィークの初っ端!!!


修理受付窓口のHPを開いても、GW休暇のためにGW明けにしか修理を受け付けないみたいな内容が記載されており、「GW中写真撮れないじゃん…」と割と絶望みが深くてマジ卍でした。

代えのカメラを持っていたので一応はどうにかなりましたが、皆さんもマジで気を付けてください。カメラは本体だけでは写真は撮れないんですぜ…。


【修理受付窓口へ行こう】

絶望のGWも空け、僕はすぐさま修理受付窓口へのアクセスを調べ上げて向かいました。


宇「すみませーん。レンズの修理をお願いしたいんですけど」

窓口「少し様子を見ますので、少々お待ちください…。」


そして、少々待ったところ衝撃の事実が。

窓「お待たせしました。落下でピントが合わなくなったとのことですが、ズームリングも回りませんよね?」


…は?


ピントが合わないのはともかく、落としたときはズームリングが回ることは確認していました。だってぐりぐり回したモン。


とまあ、持ち主ですらしらなかった故障がさらに発覚し、修理代金は1万円を超えました。

でもまあ、この程度で新しいレンズを買い替えるのもバカみたいな話だし、しょうがないよね。むしろよくこの値段で抑えられたよね…。


【宅配で待つこと2週間】

受付窓口自体は上野にあるのですが、修理工場は何故か青森の弘前にあるとのことで(修理代金以外の宅配料はレンズ会社側が持ってくれるので、企業側は大変な支出になりそうなものだが)、気長に待っていました。すると予定(5/24)よりも2日ほど早く携帯に電話が。


宅「宅配便なんですけども、宇伊兄さんのお電話でお間違いないですか?」

宇「間違いないですー。」

宅「代引きのお荷物があるんですが、ご在宅ですかね?」

宇「いますんで、お気を付けていらしてくださーい」


さすがヤマト。ホスピタリティの塊


届いた箱も卵みたいな形の発砲スチロールが山のように箱に埋め尽くされており、レンズを取り出すもプチプチと新聞紙に絡められているこのさまは、まさにホスピタリティの神ホス神だと思います。


そして、無事に動作チェックも終わりひと段落着いたというわけです。



【皆さんに注意してほしいコト】

別に僕はこんな日記Lv.1みたいなことをわざわざ記事にしたかったわけではなく、レンズの取り扱いには赤子以上の注意を払ってほしいということです。カメラとレンズは両方大事なパーツであり、どちらかが欠けた時点で撮影ができなくなります。皆さんはレンズをポンと無造作にしまってませんか?ここでレンズとの接し方に注意してみましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000

りんく通U

りんく通Uの公式HP The Official HP of Link to U: A Photographic Coterie Circle.