閑話(5) 評価される写真ってなんだろうか

無名のくせに偉そうなこというんじゃねえ


っていうコメントは重々承知なのでいいとして。



芸術写真っていうものは「芸術」という名前がつくだけあって、数学のような「絶対的な正解」はないと思っています。


ですが、


TwitterやInstagram等々の様々なSNSには山のように写真が日々投稿される中で、「やたら拡散力のある写真」ってありますよね。


SNSのユーザーは「これはほかのみんなにも見せたい!」と思うからこそ、拡散するはずですので、それはすなわち「評価された写真」と言えるでしょう。


評価されるということは鑑賞者がいるということです。だからこそ、撮影者が写真を通じて伝えたいことを写真にぶつけつつも、「鑑賞者のことを思った写真」を撮ることも撮影者の使命であるということです。


当たり前のことに思えるでしょう。ですが実に難しい。特に数枚、数十枚の写真で一つの作品としている組写真やアルバム作品は特に難しいです。


鑑賞者にはよくわからない、けど撮影者に聞いてみるとたいてい「いやいや、僕に聞かないでよ。作品をみて感じ取ってくれ。」と自信満々に返してきます。こういうのはいわゆる独りよがりと言いますね。


独りよがりは作品として人様に見せる写真としては一番の禁じ手と言えるでしょう。でも撮影者からしてみれば「どうしてこんなに優れている写真が拡散されないんだ」となってしまう。


要するに、僕ら撮影者は「自分が良いと思ったから」写真を出すっていうのはやってはならないことで、相手に見せる以上は「相手の視線に立って」写真を鑑賞してみるっていう視点も大事なわけですね。



写真を始めて丸二年。色んな写真家の作品を読んでみて気づいたことを自分への戒めとしてここに記します。

0コメント

  • 1000 / 1000

りんく通U

りんく通Uの公式HP The Official HP of Link to U: A Photographic Coterie Circle.