一眼レフカメラの基礎の基礎(9) RAW

どうも宇伊兄です。

しばらくブランク空いちゃいました。まだめちゃ忙しいんですが、さすがにと思いまして更新します。

さて、今回なんですが一眼カメラの設定の一つ「RAW」についてお教えしたいと思います。これを知ると写真を撮る楽しみがグンと上がりますので、是非見ていってください。


さて、RAWなんですが、これは「ロー」と読みます。英語で「」っていう意味です。写真で生っていうのはちょっと結びつきにくいかもしれません。

普通写真はPCなどで確認するとわかりますが、JPEGという形式で保存されています。よく知られている規格ですね。JPEGに対応していない機器はここ最近では見ないでしょう。このJPEGなのですが、取り回しがしやすいという面では非常に役に立つものの写真の「加工」には向かないんですね。JPEGは大量な情報量の光をカメラ内で現像(圧縮のことですが、ここではイメージしやすいように現像とします)してしまうので、加工をすればするほど画質が落ちてしまうのです。

それに対してRAWはカメラ内では現像せず「生データ」として保存するので1枚当たりのデータ量が多い反面、家に帰ったあとにPCで編集しやすい状態になるわけです。家に帰って初めて自分好みに編集した後現像するのでどんなに手を加えたとしても画質が落ちることはありません。色味だとか、コントラストだとか、ホワイトバランス(次回以降説明します)だとか手を加え放題です。

写真は「『真』実を『写』す」から写真ではないのかっていう声が聞こえてきそうですが、それは報道写真とかの分野の話です。芸術写真は「いかに人に『自分の伝えたいこと』を伝えるか」が一番大切な部分であるので、これらをすこしばかりいじるのは全然問題ないことというよりは、「ここはどうして色彩をあげたんだい?」と聞かれたときにちゃんと答えられるのであればむしろ進んでやるべき行為だと私は考えています。


とはいえ、少ない容量しか入らないSDしかお持ちでないカメラマンは「撮れる量が少なくなるから嫌」とかお思いになるかもしれません。ですが、ここではっきり言わせていただきます。


大容量のSDカードを今すぐ買ってください。


容量が多ければ多いほど金額はどんどん上がっていきますが、その対価以上のメリットがあなたを押し寄せてくることは間違いありません。


というのも、


JPEGで撮影した場合、あとで編集することはできないので撮影前にすべての設定をいじっておく必要があります。いざ、撮影前にベストコンディションの設定ができたとしても撮影後に改めてみると「ここをもっとこうしておけば良かった」って思うことが多いと思います。しかし時すでに遅し。モデルをもう一度頼むなり、もう一度その場所に行って取り直なりしなければなりません。

いえ、二度目のチャンスがあればいいですが無かったらどうしますか。超有名アーティストの緊急来日とかの場合次があるとは言い切れないでしょう。

そういうとき、RAWで撮っておけばあとからPC上でちょいちょいといじくればもっと良い作品になるわけです。

こうなったらRAWで撮らないことはないと思います。というかここまでおすすめしてもなおRAWで撮らないという人は相当な意地っ張りだと思います。


さて、ここではRAWとはいったいどういうものなのかというざっくりとした説明をいたしました。ちょっとざっくりしすぎた感はありますが、この記事を見た方は早速カメラの設定をみてRAWで撮影するモードにしてみてください。よりカメラで撮る楽しみが増えると思います。


ところで、僕がツイッターやこのHP上で上げている写真は全てRAWですこしばかり手を加えた写真です。

0コメント

  • 1000 / 1000

りんく通U

りんく通Uの公式HP The Official HP of Link to U: A Photographic Coterie Circle.