一眼レフカメラの基礎の基礎(3) バルブ撮影

こんにちは。宇伊兄です。

前回はカメラのモードについて説明いたしましたが、今回は撮影技法のひとつである「バルブ撮影」について話していこうと思います。


バルブ撮影は「長時間露光撮影」とかって言ったりします。シャッターを数秒数時間単位で開け続けて撮影する技法です。

分かりづらいかもしれないので写真を見ていただきましょう。


カメラ:Canon EOS M3

レンズ:EF-M 18-55 3.5-5.6 IS STM

シャッタースピード:5.3sec. 絞り:f/9 ISO感度:100

カメラ:Canon EOS M3 

レンズ:EF-M 18-55 3.5-5.6 IS STM

シャッタースピード:5sec. 絞り:f/11 ISO感度:100


こんな感じの写真が撮れます。説明のために撮ったときの設定を書いておきました。こういう情報も残しておいてくれるっていうのもデジカメの利点ですね。


さて、上の二枚のシャッタースピードをご覧ください。両方とも大体5秒くらいシャッターを開けっぱなしにしています。するとその間に動いた光の軌跡を一枚の写真に残すことができるようになります。肉眼では見ることができない世界はこういう風にできているんですね。


バルブ撮影は光の軌跡を撮るほか、極端に暗い場所での撮影や星の撮影、花火の撮影などに使うと効果的です。また、光の軌跡を記録できるってことは…



カメラ:Canon EOS 80D

レンズ:TAMRON 18-200mm 3.5-6.3 Di II VC

シャッタースピード:6.1sec. 絞りf/8 ISO感度:100

レーザーポインターを使ってお絵かきができるんですねえ。これはレーザーポインターとカメラとある程度の暗さがあればいつでもできるのでお勧めです。楽しいですよ!


あっでも、長時間露光するので三脚必須です。15秒くらい手ブレなく我慢できる人を除いて。


さて、今回はバルブ撮影とはどんなものなのかについて説明いたしました。


えっ、「やり方を教えろ」…?


まあ、焦らないで。次回、お教えいたします。

ではまた!

0コメント

  • 1000 / 1000

りんく通U

りんく通Uの公式HP The Official HP of Link to U: A Photographic Coterie Circle.