一眼レフカメラの基礎の基礎(1)写真の三要素

みなさんこんにちは。宇伊兄です。

ちょっと忙しさの山場を越えられまして、時間があるうちに先にやってしまおうということで今回は一日に2回投稿させていただきます。


ちなみに、タイトルには「一眼レフカメラ」と書いてはありますが、別にミラーレスカメラや高級コンデジをお持ちの方でも問題なく見られる内容となっております。安心してご覧ください。


さて、今回は写真の三要素がテーマでございます。写真というより露出の三要素と言ったほうがわかりやすいでしょうか。シャッターを開けている間にレンズを通った光をカメラのイメージセンサ(フィルムカメラのフィルムに当たる部分。カメラにとって心臓にあたる部分)に当てることを「露出」というのですが、これを調整するには三つの側面があるということなんですね。分かりにくいですかね。詳しく説明していきましょう。


さて、写真の三要素っていったい何なんでしょうか。それはこれです。

・シャッタースピード

・絞り

・ISO感度


・シャッタースピード

シャッタースピードとはシャッターが開き始めてから閉じるまでの時間のことで、単位は「秒」です。シャッターが開いている時間が長ければ長いほど、イメージセンサに当たる光の量が多くなるので明るい写真になります。ただし、その分ブレやすくなります。


・絞り

絞りというのはレンズへ入っていく光の量を調整する部分であり、穴の大きさを調整することにより取り込む光の量を変えることです。

f値という数字で表され、数字が小さくなればなるほど明るく、大きくなればなるほど暗くなります。また、小さければボケやすく、大きければボケにくくなります。


・ISO感度

イメージセンサがどれだけ光に対して敏感に反応するかを表した数字のことです。たいてい100から始まって倍々に増えていきます。フィルムで写真を撮ったことがある方はわかりやすいかもしれません。箱に書いてあるから。デジタルカメラのすごいところはフィルムより鮮明に映るという面もありましたが、フィルムを一本使い切らなくてもISO感度を変えることができるようになったというところもあります。

話がそれました。ISO感度は数字が小さくなればなるほど暗く、大きくなればなるほど明るくなります。ただし、画質が落ちてしまいます。


さて、ざっと写真の三要素について説明いたしました。撮影者はこの三つをいい感じに調整してちょうどいい明るさ=適正露出に合わせているのです。合わせたことない?そんなはずはありません。カメラがやってくれているだけです。


次回からはカメラのモードについて説明していきたいと思います。ここで説明したワードがジャンジャン出てきますので覚えておいてくださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000

りんく通U

りんく通Uの公式HP The Official HP of Link to U: A Photographic Coterie Circle.