スマホでだってプロっぽく撮れる!?「構図」で変わる写真(1) ~三分割法~

どうも宇伊兄です。

みなさん「構図」ってご存知だと思います。要するに写真の構成のことなんですが、意識して撮影したことってありますか?ちょいと意識するだけですごく変わるものなんですよ。

今回は写真のテクニックとしてたくさんある構図から一番簡単にできる一番オーソドックスなやり方「三分割法」っていうものをお教えしたいと思います。


三分割法っていうものは、画面を横に三つ、縦に三つ分割した交点に被写体を置く構図のことです。わかりにくい?とりあえず実際に写真を見てみてくださいよ。


鏡音リンちゃんです。可愛いですねえ。かわええ、かわええ。何といっても声がかわええんですよ。初期のリンちゃんの力強い声に惹かれたわけなんですけども…


ああ、今は関係なかったですね。とりあえずど真ん中に配置したわけなんですが、まあこれはこれでありだけどなんか物足りない感じしません?というよりか、記録のための写真っぽい感じがします。ちなみに、画面のど真ん中に被写体を配置するこの構図を「日の丸構図」って言ってこれはこれで一つのテクニックです。とにかく被写体を意識してほしい時に使う構図ですね。


少し被写体の位置を変えてみましょう。



画面の左側三分の一辺りのところにリンちゃんが移動しました。どうですかね。ちょっと印象変わったんじゃないですか?

言葉では少し伝えにくいですがこちらのほうが画面のおさまりがスマートになった感じがしませんかね。しますよね。

これは風景でもポートレイト(人物画)でも自撮り写真みたいな風景+ポートレイトでも使えるテクニックです。バラバラ感のないおさまりのいい写真ができますよ。


なんか日本語が拙い感じで終わってしまいましたがいかがでしたかね?

このテクニックはちょっと意識するだけでスマホのカメラとかでも応用できるテクニックです。みなさんお試しあれ~

0コメント

  • 1000 / 1000

りんく通U

りんく通Uの公式HP The Official HP of Link to U: A Photographic Coterie Circle.